株式会社東洋デンタル|歯科技工所|インプラント、ハイブリッドなど

イーマックス

プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウム結晶からなるガラスセラミックスインゴットです。独自の製造工程により透明度の異なる均一性の高い製品を生産しています。IPS e.maxプレスインゴットは400MPaの曲げ強度を有する高強度のプレス用セラミックスです。
インゴットはIvoclar Vivadent社製のプレスファーネスでプレスされ、適合性の高い修復物が制作できます。

IPS e.max プレス HT インゴット (高透明度)

高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。HT修復物は、天然歯に対しカメレオン効果を発揮し、周辺の歯質と高く調和します。ステイニングやカットバックテクニックに適しており、IPS e.max セラム シェードやエッセンス、グレーズ材を使用して特徴付けを行います。 調整が必要な場合はIPS e.max セラム レイヤリング材を使用します。

IPS e.max プレス LT インゴット (低透明度)

透明性があり、ステイニングやカットバックテクニックにおける修復物の製作に適しています。インゴットは色相に合わせてシェード付けされていますので、ステイニングやレイヤリングを最小限に抑えることができます。

IPS e.max プレス MOインゴット(中不透明度)

シェードMO0からMO4までが生活歯または若干変色した支台歯上のフレーム製作に適し、天然歯に近似した修復物を製作するためのベースとしても適しています。インゴットは、特定の範囲シェードに合わせて色付けがされています。シェードの濃度が高くなると、インゴットの蛍光性は減少します。

IPS e.max プレス HOインゴット (高不透明度)

シェードは3種類で、高度な不透明性のため失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを一部カバーする場合にも役立ちます。高い不透明性で下部構造をマスキングし、非常に濃い支台歯などで天然歯の色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物製作を可能にします。