株式会社東洋デンタル|歯科技工所|インプラント、ハイブリッドなど

ハイブリット

ハイブリッド_メインイメージ ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混合した、両者の中間にあたる材料で作られた素材です。オールセラミックと比べ軟らかいため噛み合う歯にダメージを与えにくく、また従来の硬質レジンよりも高い強度を持っています。レジンと比べ変色しにくく、天然歯に近い自然な色調再現が可能であることも特徴です。

特徴

メリット

・ オールセラミックと比べて軟らかく、周囲の歯にダメージを与えにくい
・ オールセラミックよりも弾性があるため割れにくく、
 またレジンよりも高い破壊強度を有する
・ 天然歯に近い光透過属性・拡散属性・透明度を持ち、
 色調も自由に選べるため、レジンと比べて自然な仕上がりとなる

・ レジンよりも変色しにくい

・ セラミック素材の中で最も安価であるため経済的

デメリット ・ オールセラミックに比べて色調が多少劣り、また経年的に変色する
・ オールセラミックに比べて若干強度が劣るほか、汚れが付着しやすい
主な適用箇所 前歯、臼歯部、インプラント上部構造体など

症例

ハイブリッド_症例

金属の詰め物をハイブリッドに交換することで、このような自然な仕上がりになります。自分の歯の色に合わせて作ることができるので、金属製の物と比べて目立ちません。