株式会社東洋デンタル|歯科技工所|インプラント、ハイブリッドなど

シンラシステム

シンラシステムとは義歯、咬合の第一人者である阿部晴彦先生によっ1984年に発案、開発されたシステムです。生体の正中矢状面を記録し、それを基準として咬合器への模型付着を行い、シンラⅡ・シンラⅢを用いて優れた咬合関係、審美的要求に応える理想的咀嚼器を診査・診断により構築していくものです。
正中矢状面を記録することにより、5つの座標が明らかになります。この5つの座標を備えることにより口腔内を三次元的に具現化し、診査・診断を行い一口腔単位の優れた咬合関係を構築していきます。

【ABE007咬合器】
咀嚼機能時の機能運動路を忠実に再現できるABE007咬合器は、咬合調整を必要としない合理的な歯冠修復物や欠損補綴物の作製を目的に設計されています。咬合器への付着方法は、垂直・水平的に左右対称な咀嚼器像を理想とする考え方に基づき、正中矢状面を基準に採ることを基本としています。従来の平面型インサイザルテーブルに角度をつけることにより、左右の咬合平面に対して、生体にとって理想的なバランスであるシンメトリーな咬合を付与することが容易になりました。

【正中矢状面分析器 SHILLAⅠ】
SHILLAⅠは、上顎模型からより正確な正中矢状面の分析・記録を行えるよう開発された分析器です。垂直・水平的に左右対称な咀嚼器像を理想的とする考え方に基づくと、咬合器の正中軸と生体の正中矢状面を一致させることが重要となります。そのためには確実な正中矢状面を記録することが必要で、SILLAⅠはこの目的のために開発された機器です。また本器のみでも、有歯顎歯列の正中矢状面を中心とした診断などに活用することができます。

【エステティックフェイスボウ】
多くの生体は、垂直・水平的に非対称な歪みを持っています。そのため、ターミナル・ヒンジ・アキシスを基準とするフェイスボウでは、咬合器に移し変えた際に生体の正中と咬合器の正中軸が合致しない結果となります。生体の歪みをインプットし顔面の正中矢状面を直接的に記録できるエステティックフェイスボウでは、生体の構造を正確に咬合器にトランスファーすることが可能です。歯科医師と歯科技工士との的確な連携の実現をサポートします。

【咬合平面診断・設定器具 SHILLAⅡ】
SHILLAⅡは、上顎模型の正中矢状面を咬合器の垂直・正中矢状座標に合致させ石膏付着するときのキャストサポートとして使用するものです。刻印されているガイドラインの活用により、左右同高性、左右対称性を咬合器上に具現化することができます。理想的な咀嚼器構築のための審査診断や歯冠・歯列の構築、総義歯の人工歯配列などの技工操作を合理的に行えるほか、矯正学的活用など多方面で活用できます。

【咬合平面診断・設定器具 SHILLAⅢ】
SHILLAⅢは、咬合器上顎フレームにとりつけ、下顎模型に対して左右同高・左右同矢状傾斜で左右対称な咬合平面通過位置を具現化します。それをガイドとして咬合平面を平面的に、また球面的に診査・診断、構築を行うために活用することができます。構造は、SHILLAⅡの平盤の代わりにモンソンの球面説から引用した半径10cmの球面盤に正中要素を採りいれ湾曲版をとりつけたものです。