株式会社東洋デンタル|歯科技工所|インプラント、ハイブリッドなど

ジルコニア

人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできており、強度と美しさを兼ね備えています。金属よりも硬くかつ、しなやかさがあるため、曲げる力にも強い極めて破損しにくい素材で、人体に対する安全性(生体親和性)も高いという特長があります。従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

3M Lava(TM)

3M Lava(TM)は、Lava(TM)スキャンCTを用いて作製した高純度ジルコニアのオールセラミックス用フレームワークです。コーピングの形状、表面性状、ポンティックの形状をデジタル補正できます。
前歯部・臼歯部のクラウン(4歯の連冠)からブリッジ(最大8歯)、インプラントの上部構造(最大18mm)まで多くの症例にご使用いただけます。透明度の高いイオン着色フレームですので、機械的強度と光透過性に優れています。また、フレームの色調が8色ありますので、患者様のご希望に近い技工物の提供が可能になります。
  

メタルフレームではできなかった透明感のある自然な美しさや、セラミックでは難しかった高強度・高精度を実現しています。人工股関節の生体材料として20年以上の実績をもつ高純度ジルコニアセラミックスは、歯科医療においても金属に代わる素材として注目され、安全なメタルフリー治療を可能にしています。

東洋デンタルでは3M Lava(TM)を導入し、技工物を製作しています。まず模型を作り、その模型をコンピュータでスキャンしてセラミックの技工物をミリングします。このフローで、セラミック製の技工物すべてを製作できるようになりました。